« 熟考の結果 | Main | 日本一のところへ »

Oct 26, 2013

ケイデンス

これを装着してみました。

Dscn0135_b

サイクルコンピューターです。
以前からCATEYE ENDURO8というものを装着していましたが、今回、CC-RD200というもの
に更新しました。

基本機能は両者殆ど同じですが、新しいものはケイデンスが測定可能です。
このためにだけ入れ替えました。

ケイデンスって?という感じでしたが、ペダルの回転数で1分間に何回転させてるかという
ことです。(車のタコメーターと同じですが、呼び方が違うんですね)

何の意味があるかというと、ケイデンスを高い状態で重いギアで走れば当然、スピードが出
ますが、車と違い動力減は自分なので、重いギアで走れば筋肉に負担が掛かってきて、ケ
イデンス(回転数)を上げれば、心肺に負担が掛かります。

個人により体力も筋力も違うのですが、ケイデンス80-90位を廻せるギアで巡航するのが
走行距離とスピードのバランスが良いようです。

今までの乗り方のまま、メーターを見てみると100-110位で乗っていたようです。
とりあえず90位を意識して乗ってみると、はじめは物足りない感じでしたが、ギア比2.38位
で巡航するとかなり快適で、スピードも27-28km/hを指しています。

登りになってもこのケイデンスを変えないようにギアだけを軽くすという感じです。
(当然、速度は落ちます)

今までの乗り方だと心拍数が上がりすぎて、呼吸が苦しくなって終わりという感じでしたが
本日36.53km走ってきましたが、疲労感が全然違いました。

ペダリングも意識しながら、まだ思考錯誤中です。

NikonP330

|

« 熟考の結果 | Main | 日本一のところへ »

Bicycle, 自転車」カテゴリの記事

GIANT CS3200」カテゴリの記事

NikonP330」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 熟考の結果 | Main | 日本一のところへ »