« こっちもメンテナンス | Main | 2013 Asian Le Mans Series Round2 "3Hours of Fuji" »

Sep 22, 2013

新旧タイヤ比較

とりあえず古い物からです。
これ当時、自転車通勤してる時に、上司が無類の自転車好きで、サイズ間違って買ったのあ
るからやる!と言われて貰ったものです。

Panaracer ツーキニストです。
耐パンク性能が高く、ターゲットは将に自転車通勤の方のようです。
ブルーのラインもピッタリで、標準の35C→28Cにしてとても軽くなり、これまで3,000km程度
乗ってましたが、サイドのひび割れも酷いので、交換に至ることになりました。
(太いホチキスの針が刺さって、パンクした以外は、パンク知らずでした。)

空気圧はMAX7.35Kg入ります。
カタログスペック上の重量は400gとなってます。

Dscn0085_b
今回は、もう少し走り側に貢献してくれるのが良いなぁと思って探しましたが、沢山あり過ぎ
て何が良いのか良く解りません。
でもやっぱりパンクするのも面倒なので、その辺とランニングコストを考えて絞っていって、
SERFAS(サーファス)  SECA(セカ)というのに行きつきました。

超軽量耐パンク
ケーシング:60tpi
空気圧:130psi(約9kg)
参考重量:330g

パンクに対しても、重量、空気圧(沢山入れば転がるはず)
でお値段も手頃でした。

Dscn0089_b

まだ近所を転がしただけですが、軽い!
ギアを1つ2つ上げても同じ位の負荷で行けそうです。

来週末には沢山乗りたいと思います。
とりあえずフロント部分だけピカールで清掃。少しは綺麗になったか?

Dscn0090_b

NikonP330

P.S.本日はFSWに行ってきましたが、明日はいつも通り仕事なので、今日の写真は追々。

|

« こっちもメンテナンス | Main | 2013 Asian Le Mans Series Round2 "3Hours of Fuji" »

Bicycle, 自転車」カテゴリの記事

NikonP330」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« こっちもメンテナンス | Main | 2013 Asian Le Mans Series Round2 "3Hours of Fuji" »